英語が苦手な人は『英英辞典』を使うな

英語を勉強する際に使う辞書といったら英和辞典か和英辞典ですよね。

しかし、ネット上の記事や学校の先生などで『英英辞典を使った方がいい』と言う意見をちらほら目にします。

確かに英英辞典にはいくつかのメリットがあります。しかし英語の勉強をしているほとんどの人にとって英英辞典はデメリットの方が多いと私は思います。

英英辞典のメリット

英英辞典をすすめる人は『英英辞典では単語の正確な意味を理解することができる』と言います。

確かに私もこの意見には賛成ですし、私も単語の意味を正確に知りたい時は英英辞典を使います。

しかし、『英和辞典や和英辞典の代わりに英英辞典を使った方がいい』と言う意見には私は反対です。

私が英英辞典をおすすめしない理由

私が和英辞典や英和辞典の代わりに英英辞典をおすすめしない最も大きな理由は効率が悪すぎるからです。

次の例を見て見ましょう。

waitをジーニアス英和辞典で調べた時

wait:「人、物、ことを/・・・まで」待つ、待ち受ける

一方、ロングマン英英辞典で調べた時

wait: to stay somewhere or not do something until something else happens, someone arrives

これを見てどう感じますか?

英英辞典は日本でいう広辞苑のようなものです。

ですから英英辞典で知らない英単語を調べた場合、日本語訳がぴったり当てはまる単語をわざわざ長い文で読んでいる可能性が大いにあります。

また、日本語の単語がぴったり当てはまらない単語も学習者が大学受験のレベルぐらいであれば英英辞典を使う必要はないと私は考えます。

なぜなら大学受験において重要なのは語彙の正確さよりも語彙の量の方が大切だからです。

英英辞典で英単語の正確な意味を理解するよりも一つでも多くの単語を覚えた方が試験対策としては有効です。

(もちろん、和英辞典の訳が文脈に合わない場合は英英辞典などを使って単語の意味を合わせることが必要です。)

英英辞典を使った方がいい人

英英辞典のデメリットを説明してきましたが、使った方がいい場合もあります。

それは英語を英語のまま理解する感覚を練習する場合です。

英文の中にわからない単語があった時、日本語訳を調べてしまうとその文は結局日本語に訳して読んでしまっていることになります。

文を早く読むためにはやはり英文を英語のまま理解する力が必要です。

そこで、英英辞典を使うことでわからない単語を英語のまま理解しやすくなります。

英英辞典を使った方がいい具体的な例を挙げると、英語の長文を読んでいる際に単語の日本語訳はわかるけど意味がわからないという場合です。

その場合、おそらく和英辞典で調べれば、その文脈に沿った和訳は出てくるでしょう。しかし日本語で表しにくい単語もあるわけで、それをいちいち和訳と照らし合わせて覚えるのはあまりに非効率です。

こういう場合に英英辞典を使うと、次その単語を訳す必要が出たときにも文脈にあった日本語を見つけることができたり、英語脳に切り替わっている場合は翻訳せずとも理解することができます。

もう一つ英英辞典を使った方がいい場合があります。それは英会話です。

英会話において英語をうまく話すことができる人は通訳者でない限り、会話の最中に内容を日本語に翻訳したりはしません。

学校のテストや大学受験での点数を求めず、実践会話を重視する場合は、英英辞典を使うことで翻訳癖がつきにくくなりスムーズな学習を進めることができます。

まとめ

いかがでしたか。英英辞典を使うメリットとデメリットがわかりましたか?

英英辞典と英和辞典、和英辞典にはそれぞれ利点があります。

それらを最大限に利用して効率の良い勉強をしましょう。