What do you think?とHow do you think?の違いと使い分け

日本人がよく間違えてしまう表現に”どう思いますか”?を
”What do you think?”
ではなく
”how do you think?”
にしてしまうというのがあります。

How do you think?自体は文法的に間違ってはいないのですが使う場面には注意が必要です。

この間違いはhowwhat の使い方をどう?何?といった風に覚えてしまっていることが原因です。

基本的にはそれであっているのですがきちんと使いこなせるようになるにはもっと根本的な理解が必要です。

WHAT、HOWの違い

端的にいうとwhatは目的語をさし、howは補語をさしています。

一応説明すると、

目的語とは動詞の動作の対象となる語で名詞代名詞が目的語になることができます。

補語とは名前の通り主語や目的語を補助する語で名詞形容詞が補語になることができます。

What do you think? とHow do you think?の違い

whatとhowの違いがわかったところで本題に入ります。

What do you think?
と聞かれた場合、多くの返答は

I think that…..
となりますね。ここでいうthat節は目的語になりますから、that節のような目的語を尋ねる場合whatを使わなくてはいけません。

では
How do you think?と聞いた場合どうなるのでしょうか。

この場合の返答例を挙げると
I think optimistically.(私は楽観的に考えます)
というような答えが予想できます。

この場合thinkの目的語ではなく補語を尋ねていることになりますから、訳は”あなたはどのような考え方をしますか?”となります。

つまりwhatの代わりにhowを使ってしまうと、考えているものを聞いているのではなくて考え方を聞いていることになるのです。

確認テスト

whatとhowの違いが理解できたかを確かめるために一つ問題を用意してみました。

:次の問いの答えとしてどちらも”私は心配だ”となるように空欄に適切な語句を埋めなさい

How do you feel ?   I feel (    ) .

What do you feel ?  I feel (    ) .

 

わかりましたか?

答えは上がworried 下がworry です。

worriedが形容詞でfeelを修飾しており、worryは名詞でfeelの目的語になっています。

まとめ

What do you think?とHow do you think?の違いがわかりましたか?
私たちはネイティブではないので英語の単語の違いを感覚で理解するというのは難しいところがあります。
ですので私たちはこのような単純な日本語訳ではわからない違いを文法、構文を勉強することで身につけていくことが必要です。
この記事を通してこの例だけではなくhow とwhatの違いをそのものを理解していただけたら嬉しいです。