ENGLE

英語力をじわじわ伸ばす情報サイト

コラム

英語はこれからの時代の必須スキルではない

更新日:

英語を勉強してる方や、英語教育に携わっている方の中には「英語はこれからの時代、できないと生きていけない」というようなことをおっしゃる方がいます。

私はこの英語サイトを運営していますが、日本人にとってこれからの時代英語が必須スキルになるようなことはないと思っています。

その理由を説明しましょう。

英語ができないのならできる人を雇えばいい

グローバル化が進んだ今、世界には留学経験のあるバイリンガル、トリリンガルのような複数の言語を母語にしている人で溢れています。グローバル化に伴いその人口はもっと増えて行くと考えられます。

もしあなたが語学を勉強することがあまり好きではないのであれば、膨大な学習コストを払い、時間を浪費してまで英語を勉強する必要はありません。

英語が必要な場合、彼らを通訳や翻訳者として雇えばいいですし、その学習時間をプログラム言語だったり、他のビジネススキルの学習に当てる方が、使えるスキルを身につけるという点では効果的なのではないでしょうか。

国内市場が大きい

日本という国は国内だけで市場が完成していると言っても良いくらい、仕事に溢れています。そのため国内の仕事において英語が必要とされるシーンはそれほど多くありません。

ヨーロッパの比較的小さい国や東南アジア諸国の多くでは、国内で高収入な仕事が多くなく、よりレベルの高い仕事につくために英語が必須スキルである場合が多いのですが、幸い日本は、国内だけで英語を使わずとも高収入な仕事は溢れていますし、マーケットが国内で完結している仕事も多く存在します。

そのためいくらグローバル化とは言えども多くの人には英語ができなくて困るというようなシーンはあまり訪れないと考えます。

語学を学ぶならマイナー言語の方が仕事を得やすい

もしあなたが語学に関する仕事に携わりたいと思っており、これから語学を身につけるつもりでしたら、英語や中国語、韓国語のような日本でメジャーな言語はお勧めしません。それよりはアラビア語やインドネシア語、マレー語のような比較的マイナーな言語を勉強する方が良いと考えます。

これらのメジャーな言語は”英語ができないのならできる人を雇えば良い”で述べたように、恐ろしくできる人で溢れています。

それに加えて日本語ができる外国人がいるという点も考えなければなりません。具体例を挙げると中国語の場合、中国語ができる日本人よりも、日本語ができる中国人の方が人数も多く、一般的に安く雇用することができます。

このようにメジャーな言語で仕事を得ることは非常にむずかしいというのが今の実態です。

それに対してメジャーな言語と比べて比較的マイナーな言語は話せる人が少ないため、希少価値が生まれます。グローバル化の影響で東南アジアに進出する日系企業も増えているため、インドネシア語などはこれから需要が伸びていくと私は考えます。

まとめ

これまで英語があまり必要でない理由を挙げてきましたが、私は英語が大好きです。

英語ができるメリットはたくさんあります。この記事を読んで「えー英語の勉強やめよっかな」と思った方は、英語を勉強する理由、メリット4選を読んでから決断してみてはいかがでしょうか。


おすすめ記事

1

この記事では私が実際に使った単語帳を独断と偏見に基づいてレヴィユーしていきます。 新しい単語帳を買った時、その単語帳にあった自分流の勉強方法が確立できるまで、時間がかかりますよね。 そこでこのサイトで ...

2

ライティングは英語の4大技能の一つです。英検などの資格試験でライティングの勉強は必須ですよね。 しかし他の3つの技能に比べてあまりぱっとしない印象を抱く方も多いのではないでしょうか。 今回はライティン ...

3

時間をかけているのに英単語が覚えられない。もしくは覚えた単語をすぐ忘れてしまう。 そのような人は少なくないのではないでしょうか。 私も同じように悩み、試行錯誤しながら自分なりの英単語勉強法を見つけまし ...

4

”世界一わかりやすい”とかなり大げさなタイトルにして見ましたが、本当にわかりやすく仮定法を解説しようと思うので嘘つけと思いながら見ていってください。 仮定法過去やら仮定法過去完了やら小難しい語句はでき ...

-コラム

Copyright© ENGLE , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.