英長文の速読練習は必要か否か

英語の速読と言われた時、みなさんはどのようなイメージを抱きますか?

段落の最初と最後だけを読むような読み方だったり、下線部の前後だけを読む方法だったり、はたまた全てを単に早く読む方法をイメージする方もおられるかもしれません。

この記事では果たして大学受験や資格試験などにおいて速読を練習する必要はあるのかどうか解説していきます。

速読練習は必要か

結論から先に言うと、私は速読を練習する必要はないと考えております。

まずそもそも大学受験やその他英検などの資格試験の問題は、合格レベルに達していれば時間内に解けるように作られています。

結果だけを見ている人がおろそかにしがちなのがその試験は何を求めているかということです。

あるレベル以上の大学は飛ばし読みだけでは正解できないような、きちんと読まないと解けない問題を出題している場合がほとんどです。

内容を飛ばしながら読むような小手先のテクニックを身につけたところで、本当の実力がついていなければ全ての場面で応用がききませんし、そのような変なテクニックにこだわると英文一つ一つに対する理解がおろそかになりますから文構造をしっかり把握する力も伸びません。

英文を早く読むには

とはいえ英文を早く読む力は絶対に必要ですし、実際に試験時間に間に合わなかったら元も子もありません。

しかしこの”早く読む力”というのは飛ばし読みなどではなく全ての構造を完璧に理解しながら英文を読み進める力のことです。

では本当の速読力を身につけるにはどうしたら良いのでしょうか。

それは長文を解く量を増やすことです。これを聞いてがっかりした方もおられるかもしれませんが本当に英語力を伸ばすには量をこなすしか方法はありません。

ここで長文を読むときに時間を意識する必要はあるのかと言いますと、あまりに遅い場合は別として、基本的には早く読むことは全く意識せず、文章の構成や文と文のつながり、構文を理解できているかと言ったように、どれだけ正確に文を読めているかだけに焦点を当てれば良いと思います。

そのように長文を解いていると自然と英語の単語が英語のまま頭に入ってきたり、英文を日本語訳せずとも英語の順番で理解することができるようになり、読むスピードも上がっていきます。

自分の総合的な英語力が自分が望むレベルに達した時、自ずと時間が足りなくなるようなことは起こらなくなっているはずです。

まとめ

英語の上達に裏技は存在しません。スランプに陥ってる人、英語に苦手意識を持っている人はそのような甘い話に食いつきたくなるかもしれません。

しかし、そこはぐっとこらえて正攻法で頑張りましょう。そのスランプを超えた時あなたには新しい世界が開かれているはずです。