私が実際に使った英単語帳と体験談

この記事では私が実際に使った単語帳独断偏見に基づいてレヴィユーしていきます。

新しい単語帳を買った時、その単語帳にあった自分流の勉強方法が確立できるまで、時間がかかりますよね。
そこでこのサイトでは単語帳ごとにその単語帳の特徴、どのような人向けの教材か、私がどのように使ったかを書いていきます。
すでに自分なりの勉強法がある方もない方も、商品を買うときや勉強につまずいたときにこの記事を役立てていただけると嬉しいです。

大学受験用単語帳

・ターゲット1900

特徴
一語一答形式の単語帳です。part1 常に試験に出る英単語800 part2 常に試験に出る英単語700 part3 ここで差がつく英単語400といったように3つのパートに分かれています。part2の難易度がmarchレベルで、ほとんどの大学の入学試験に対応しています。これ一冊でセンター試験対策は十分でしょう。音声のダウンロードも可能です。ただ、例文が少し難しいのが玉に瑕です。

対象者
高校レベルの基礎単語が身についている人

私の経験談
私が卒業した高等学校で購入させられたのがこの単語帳でした。これより一つレベルが下のターゲット1400も同時に購入したのですが、当時、私はなぜか簡単な英単語帳を使いたくなくていきなり1900から始めた記憶があります笑。始めた当初わからない単語が多く、モチベーション的な面で辛い思いをしましたが、結果的に覚えきることができたので、高校レベルの基礎英単語が身についていない人でもある程度覚悟を決めれば使うことができるでしょう。
一語一答形式の英単語帳の使い方

 

・話題別英単語リンガメダリカ

特徴
グローバル化、経済、社会環境問題、生命倫理、科学といったように大学入試で出題されやすい11つのトピックごとに英単語が掲載されています。
構成としては”背景知識、短めの英文、和訳、英文の中で使われたフレーズ”がそれぞれのトピックごとに載っています。背景知識のパートでは大学入試を解くにあたって持っていた方がいい予備知識をざっくりと日本語で確認することができます。
フレーズはgenetically-modified foodといったように一つの単語というよりはよく使われるフレーズがひとまとめになっています。
全体としてよくある一問一答形式の単語帳ではなく、文章の中にある単語を覚えていく形の単語帳です。

対象者
ターゲット1900などの受験用英単語帳を一冊終わらせた人、慶応などの小論文を出題する大学を志望している人。

私の経験談
私は目で覚えるよりも耳で覚える方が得意なので、それぞれの英文をわからない単語を確認しながらシャドウイングを何度もして覚えました。
それぞれの英文が興味深いものが多く楽しみながら英単語を覚えることができました。

 

・英単語センター1800

特徴
一問一答形式の英単語帳です。
センターレベルの高校基礎単語帳といった感じで、二次試験対策にはこの一冊では物足りないでしょう。

対象者
大学受験基礎単語が身についていない人、センターレベルの単語に抜けがないか確認したい人

私の体験談
私は大学受験はターゲットシリーズをメインに勉強していたのですが、ターゲット1400を飛ばしてターゲット1900を覚えたため、基礎単語に抜けがありました。
そこで比較的簡単めの英単語帳を探していたところ、友人に英単語センター1800を譲ってもらったので、この単語帳で基礎固めをしました。
表に難関大学英単語網羅率が載っています。しかし、単語網羅率95パーセントの場合、一見高いように思いますが、2500語の長文の場合125個のわからない単語が存在することになります。単語網羅率95パーではまともには読めないといって良いでしょう。
あくまでこの単語帳は二次試験用ではなくセンター対策用に使うことをお勧めします。

 

・システム英単語

特徴
一問一答形式の英単語帳です。英単語2000語と180語の多義語が掲載されています。
網羅性が高く、センター試験から2次試験まで使うことができます。
ターゲットシリーズと比べて、短く分かりやすい例文が載っています。

対象者
全受験生

私の体験談
私は受験勉強にこの単語帳はあまり使いませんでした。ただ、この本のサイズが私の大嫌いな古典単語帳とぴったりだったので、古典単語帳のカバーの中にシステム英単語を入れて古典の授業中の勉強に使っていました笑。
私はターゲットシリーズに慣れていたこともあり、この単語帳を使いこむことはしませんでしたが、今高校一年生に戻るとしたらターゲットではなく例文が簡単なシステム英単語を使う気がします。

 

 

資格試験対策用英単語帳

・でる順パス単シリーズ

特徴
旺文社出版の一問一答形式の英単語帳です。難易度は英検5級から1級までありそれぞれ出やすい単語がでる順に掲載されています。
構成としては”でる度”ごとにA,B,C,熟語といったように分かれています。
英検用の単語帳としてはそれぞれのレベルに対してこれ一冊で十分であると思われます。
また音声ダウンロードも可能です。

対象者
英検受験者

私の体験談
でる順パス単シリーズの中で、私が使用したものは英検準一級の単語帳です。私は英検のためではなく大学受験の補助教材として使用しました。
やはり大学受験用の単語と英検用の単語はかぶるところも多いですが、出題傾向が少し違うのでそれぞれにあった単語帳を使うことが必要であると感じました。
現在、英検一級に向けて、でる順パス単英検一級を使って勉強しております。

まとめ

いかがでしたか?

一般的に大学受験の単語帳はターゲット1900レベルの単語帳を2、3冊ほどやれば十分だと言われており、私もその通りであると考えます。

中には難関大学を目指す受験生なら最低でも3冊以上は単語をやるべきという意見もありますが、私はこれには反対です。

私自身5冊以上の単語帳を使った単語マニアだったのでわかりますが、3冊目以降になると以前の単語帳と重複しているものがほとんどになってきます。それをわざわざページをめくるというのは効率が悪く、その時間を長文読解や他のことに費やした方が有意義であると考えます。(それ以上単語をやりたい方は受験用の単語帳ではなくて英検やtoefl用の単語帳を使って受験レベルを超えた単語を覚えてみるのも良いかもしれません。)

まだどの単語帳を使っていくか決まっていない方は、今回ご紹介した単語帳の中に気になったものがあればそれから始めてみて、なかった場合は学校支給の英単語帳をマスターするところから始めてみてはいかがでしょうか。

※今後も私が使った単語帳が増えればここに追加していきます。

大学受験用の長文問題集は私が実際に使った長文問題集と体験談をご覧ください。