ENGLE

英語力をじわじわ伸ばす情報サイト

勉強法

洋書の読み方を徹底解説!!勉強に役立つ洋書の使い方とは

更新日:

みなさん英語の勉強は楽しいですか?

私は正直、長文読解や文法の勉強など机に向かって英語を勉強するのはあまり好きではありませんでした。(なぜか英単語を覚えるのは楽しかったのですが)

そこで私が英語力をつけるために使ったのは洋書です。

この記事では洋書を英語の勉強として使う方法とその効果をご紹介します。

どうして私が洋書を読むようになったのか

私が洋書を頻繁に読んでいた理由は3つあります。

一つめの理由は英語を勉強する必要があったけれど問題を解いているだけでは英語が嫌いになりそうだったからです。私は英語は好きでしたが塾や学校でやらされる英語の勉強はあまり好きではありませんでした。

しかし私の夢は世界中を旅しながらゴロゴロ生きること(笑)なので英語が絶対に必要なため頑張って勉強していました。

ところが日々興味のない長文を読み問題に答えているうちに英語そのものがつまらなくなりかけていました。そこで自分の興味のある文を英語で読もうと思いつき洋書を読み始めました。

二つめの理由は私の興味のある分野に日本語の文献が少なかったことです。

私の趣味の一つにポーカーがあります。

しかし日本ではあまりポーカーは流行っていないこともあり、日本語で書かれた戦略書などといったものがあまりなかったため英語で勉強する必要がありました。

三つめの理由は、洋書読んでる俺カッコいい、です。

スタバとかで洋書を開いて読んでいるのがかっこいいと思っていました。今でも思っています。笑

洋書を読むことで英語力は伸びるのか

断言します。洋書をきちんと読めば飛躍的に英文読解力がつきます。

実際に私の英語力は洋書を読むことによってものすごく成長しました。しかしそれだけだと根拠が薄いので私が思う洋書が英語の勉強に効果的だと思う理由を説明します。

洋書と問題集の中にある長文の大きく違う点はその内容に興味があるかどうかです。

興味のない長文をきちんと読み内容を理解したいと思いますか?

洋書は自分の知りたいことを英語で読むわけですから問題を解くために読んでいるのではありません。内容を理解したいと思って読んでいるはずです。

内容を本当に理解しようと思って読むとよくわからない文があった時に飛ばして読むことがなくなります。

英文を読んでいて理解できない部分は自分の弱点なので、それを理解することで英語力は大きく伸びます。

つまり洋書を読むことで正確に英語を読む練習を楽しみながらできるのです。

また洋書の多読は読解スピードに直結します。

読んだ文章の量が多ければ多いほど、文章を読むスピードは上がると言われています。

そのため洋書を読むことは読解力を上げる良い機会であると言えるでしょう。

英語力に効果が出る洋書の読み方 3ステップ

本の読み方に正解なんてないと思いますが、どのように読むべきかわからない人も多いと思うので洋書の読み方を順序立てて解説します。

1:自分の英語力を理解する

洋書を読む前にその洋書を読める最低限の英語力があるか確認してください。

あまりにできない場合は洋書を読む前にある程度英語力をつける必要があります。

洋書を読んでみて単語量があまりにも足りなかったり、文がほとんどわからない場合は読み始めても途中で絶対に挫折するのである程度読めるようになるまで大学受験用の単語帳や文法書などを使って勉強しましょう。ボキャブラリーを増やしたいのであれば洋書を読むより単語帳で一気に覚えちゃう方が効果的だと思います。

おおよそ英検2級〜準一級くらいの英語力があれば大体の本は読めます。(専門書であれば準一級〜一級レベルぐらいあれば十分です。)

私が実際に使った英単語帳とその体験談

2:好きな本を選ぶ

絶対に自分の興味のある本を選んでください。興味のある分野の洋書を見つける良い方法はkindle などの電子書籍サービスを使うことです。本屋では洋書が売っていなかったりあっても少ししか置いていません。しかし電子書籍ならいくらでも好きな本を選ぶことができます。

私はスタバでカッコつけたいので紙の本の方が好きですが笑

基本的には自分の興味のある本であればそれで良いのですが、もしあなたが最初の洋書を買う場合は選ぶべきポイントがいくつかあります。

その1:ページ数があまり多くないこと。

洋書に挑戦してみようと意気込んだ初心者はいきなり日本語でも読まないような分厚くてページ数の多い洋書を買ってしまいがちですが(例:ハリーポッターシリーズ)、それはやめた方がいいでしょう。挫折した友人を4人知っています。

その2:小説でない場合、背景知識があること

興味のある分野だからといって、全く知らない分野に関する洋書を買うのはやめましょう。背景知識があるのとないのとでは読解の難易度が大きく異なります。

実は私が初めて読み切った洋書はおおよそ400ページのビジネス書でした。完全にポイントその1に反していますね笑。ところが私はあまり苦労せずに楽しく読み終えることができました。

それはやはり背景知識があったからだと思います。高校生だった頃私は学校の勉強そっちのけで経営学や経済学、資産運用、簿記といったお金に関する本を読みあさっていました。もしこれが私が全く知らない分野だったとしたら確実に挫折していたと思います。

また背景知識があると「これは英語だとこんな風に言うのかぁ」といったように新しい発見をすることができ、楽しく読み進めることができます。

2018年8月11日追記

「本の種類は専門書か小説かどちらがいいか?」という質問をいただいたので応えようと思います。

私の意見としましては「普段よく読むほうを読んでみては」です。つまり小説を普段から読んでいる人は小説の方が取り掛かりやすいですし、反対に小説を読むのがあまり好きではないという人もいます。自分により馴染みのある方を選ぶとよりスムーズに読書が進むと思います。だだ、小説と専門書は読み方に少し違いがあるので以下にそれぞれの特徴を挙げておきますので、良さそうだなと思った方を読んでみてはいかがでしょうか。

小説のメリット:流れに沿って読むため、文章の内容の読み違いが少ない。会話文が多いため英文は比較的簡単であることが多い。

小説のデメリット:常に展開が変わるため文章を読み違えた場合、専門書と比べて気付きにくい。

専門書のメリット:基本的に同じ段落内では同一の内容を言葉を変えて話すことが多いので、読み間違えに気付きやすい。

専門書のデメリット:文章の難易度が高い場合が多い、専門用語などを逐一調べる必要がある。

3:読む

自分の好きなペースで読んでください。

一つだけ注意点があってそれはわからない場所があったら絶対に飛ばさないことです。

自分で調べるなり、先生に聞くなりしてわからないまま進まないようにしましょう。わからない部分を飛ばして読んでいくとだんだんわからない場所が増え最終的に何を言っているのかわからなくなります。

洋書を使った勉強法を勧める方の中には流し読みで良いという方もいらっしゃいますが、私はそうは思いません。

確かに精読していくと莫大な時間がかかります。しかしわからない箇所を飛ばし読みをした場合、次同じような文構造をとる文章が出てきた場合にまたそれを飛ばすようになります。作者が同じ人物の場合、似たような言い回しを何度も使う可能性が高いので全体の内容が理解できなくなってしまう可能性が高いのです。そのような読み方で一冊読み終わったとしてもそれは読み終わった気に成っているだけです。

せっかく成長できるチャンスなのにそれを捨ててしまうのは勿体無いですよね。

飛ばし読みをするくらいなら極薄の洋書を買って精読しましょう。

読み終わったら

一冊無事に読み終わることができたら、気が向いた時にざっと読み返してみましょう。一周目では気づかなかった読み間違いや、新しい発見を見つけることができるはずです。

また、もしその洋書の日本語訳版があれば読んでみてもいいかもしれません。「あ、ここ読み間違えてた」とか「この和訳はおかしいでしょ」というように翻訳者と自分の捉え方の相違を楽しむことができます。

2冊目は1冊目と似た分野の本を読むことをお勧めします。似た分野の本を読むと一冊目で出てきた専門用語や内容が含まれている場合が多く一冊目よりもはるかに楽に読めるはずです。自分のレベルが上がったことを実感しましょう。次の学習のモチベーションに繋がるはずです。

まとめ

一冊の洋書を読み終わるのに最初は半年くらいかかるかもしれません、しかし一冊の本を読み終えた時あなたの英語力は知らないうちに伸びているはずです。

次の本に挑戦した時、前の本の数倍早く読み終えることができるでしょう。

近いうちに私が読んだ洋書を紹介する記事を書こうと思っています。


おすすめ記事

1

この記事では私が実際に使った単語帳を独断と偏見に基づいてレヴィユーしていきます。 新しい単語帳を買った時、その単語帳にあった自分流の勉強方法が確立できるまで、時間がかかりますよね。 そこでこのサイトで ...

2

ライティングは英語の4大技能の一つです。英検などの資格試験でライティングの勉強は必須ですよね。 しかし他の3つの技能に比べてあまりぱっとしない印象を抱く方も多いのではないでしょうか。 今回はライティン ...

3

時間をかけているのに英単語が覚えられない。もしくは覚えた単語をすぐ忘れてしまう。 そのような人は少なくないのではないでしょうか。 私も同じように悩み、試行錯誤しながら自分なりの英単語勉強法を見つけまし ...

4

”世界一わかりやすい”とかなり大げさなタイトルにして見ましたが、本当にわかりやすく仮定法を解説しようと思うので嘘つけと思いながら見ていってください。 仮定法過去やら仮定法過去完了やら小難しい語句はでき ...

-勉強法

Copyright© ENGLE , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.